業務案内

WORK

広島県広島市の施工業者『株式会社ニシカイチ』では、以下の業務を中国地方の各地で手がけております。
これまで行政からのご依頼を中心に、豊富な施工実績を重ねてまいりました。
信頼の厚い確かな技術力を活かし、民間からのご相談も積極的に承っております。
目の前の現場に責任をもち、抜群のチームワークで施工を進める『株式会社ニシカイチ』へ、どうぞお気軽にお問い合わせください。

法面工事

道路や住宅地を整備する際に発生する、人工的な斜面を「法面(のりめん)」といいます。自然に発生した斜面ではないため、風化や浸食による土砂崩れが起きやすい状態になっています。
長年にわたる安全性を確保するために法枠工、アンカー工、モルタル吹き付けなどを施すことを「法面工事」といいます。

施工にあたって特に重視されるのが「プロの眼」です。地形や立地から補強しなければならない箇所を正確に読み取り、過不足のない工事を行なうには、プロの経験が欠かせません。
私たちが普段ドライブなどでよく見る光景は、こうした技術者の努力によって成り立っています。

具体的な施工方法については以下のバナーからご確認ください。

法面工事

アンカー工事

コンクリート構造物に機器・耐震補強部材などをアンカー筋で取り付ける作業を「アンカー工事」といいます。
取り付けた機器や耐震補強部材が性能を十分に発揮するには、安全かつ的確なアンカー工事が必要不可欠です。

株式会社ニシカイチに在籍している熟練の技術者が、丁寧で確実な施工をご提供します。

具体的な施工方法については以下のバナーからご確認ください。

アンカー工事

高所掘削工事(SSD)工法

近年、異常気象がもたらすさまざまな要因によって自然災害の発生を予測することはむずかしくなっています。特にここ数年は悪化スピードが急激に増しており、早急な対策が求められています。

従来の急傾斜地や災害復旧工事における法面保護工事では、不安定土塊の掘削撤去や法面整形工を手作業または小型機械で行なっていました。特に法面の人力掘削作業は危険かつ体力を有するため、作業員を確保しにくいという課題がありました。そのうえ、一日の施工量も限られており、非常に長い施工期間が必要でした。

高所掘削工事(SSD)工法は、これらの問題を一挙に解決するために開発された工法です。安全性と作業性に優れた斜面掘削機を使用します。

特徴
・通常の建設機械では対応できない勾配も掘削可能
・安全面を考慮したラジコン仕様(搭乗も可能)
・ワイヤクランプ装置でワイヤと機械を連結しているため、ワイヤが切れても機械は落下しない
・人力作業に比べ、施工期間を約3分の1に短縮

具体的な施工方法は以下のバナーからご確認ください。

高所掘削工事(SSD)工法

土木工事

一般的に、建設以外の工事は全部まとめて「土木工事」と呼びます。道路工事・河川工事・砂防工事・治山工事・下水道工事と、その内容は多岐にわたりますが、株式会社ニシカイチでは法面工事に関連した施工を手がけております。

昨今、台風やゲリラ豪雨などの自然災害が中国地方の各地で猛威を振るっています。私たちは今一度「自然に生かされている」という意識のもと、住環境を調和させていくことが求められています。

法面工事も土木工事も“災害対策の基礎”という点では同じです。弊社では規模の大小に関わらず最大限の品質管理を行ない、みなさまが安心して暮らせる地域づくりに貢献しています。

具体的な施工内容は以下よりご確認ください。

土木工事